スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルタグの検索エンジン最適化7ポイント 

タイトルタグの検索エンジン最適化は、SEOにおいてかなり重要です。
タイトルタグの検索エンジン最適化はSEOという面だけでなく、ユーザは検索結果に表示されるページタイトルと、その下に表示されるページの説明を見てクリックするかどうかを決めています。

ページタイトルは、SEO検索エンジン最適化を意識しつつもクリックを促すものでなければいけないのですから、かなり重要です。

タイトルタグ検索エンジン最適化の重要な7ポイントがあります。

1.キーワードをタイトルタグの前部に入れる
2.タイトルタグの文字数は全角20文字程度
3.キーワードは2つまで(サブページにおいてはこの限りではない)
4.キーワードを重複して使わない
5.キーワードは単語の連続ではなく文章にする
6.他のページと重複させない
7.サブページはブランディングのためにもキーワード付きのサイト名を含める

ちょっとわかりづらいですか?

それでは、一つずつ、このタイトルタグ検索エンジン最適化の重要な7ポイントを説明します。

1.キーワードを前部に入れる
例えば、この様なタイトルがあるとします、“クレジットカードのショッピング枠現金化の裏技”。このサイトが狙っているキーワードがクレジットカードでしたら、このままでOKですが、ショッピング枠現金化を狙っているでしたら、タイトルを“ショッピング枠現金化|クレジットカードの裏技”へ変更する必要があるでしょう。

2.タイトルタグの文字数は全角20文字程度
あんまりこだわる必要はないんですが、長すぎると、検索エンジンの検索結果に一部のタイトルしか表示されなかったり、キーワードの重要度が下がったり、など色々なデメリットが出てきます。

3.キーワードは2つまで
サブページにおいてはこの限りではないんですが、やはりキーワードの重要度を維持する為に、多くても4つまで抑えておきたいですね。

4.キーワードを重複して使わない
例えば、“パチスロ攻略|北斗の拳攻略法|トラちゃん攻略会社”というタイトルは攻略というキーワードを重複して使ってるので、NGですね。

5.キーワードは単語の連続ではなく文章にする
“パソコン最新カタログオンラインショップ”では、単語の連続ですので、それを“パソコンの最新カタログを提供するオンラインショップ”に変更すればいいでしょう。

6.他のページと重複させない
同じタイトルになってしまうと、SEO的にすごく不利です。

7.サブページはブランディングのためにもキーワード付きのサイト名を含める
例えば“筋肉トレーニング講座”というサイトがあるとします。その中に“腹筋訓練”を説明しているサブページがあるとします。サブページのタイトルを単なる“腹筋訓練”ではNGです。“腹筋訓練|筋肉トレーニング講座”の方がSEO的に有利です。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/107-ddc0a740

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。