スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード出現頻度の最適化と調整 

キーワード出現頻度とは、ページ内で特定のキーワードが占める割合のことです。
計算する公式は:
「特定キーワード出現数÷総キーワード出現数×100」

と、よくこの公式を見かけますが、実際にこの公式で計算する人間は非常に少ないと思いますね。

ということで、キーワード出現頻度を自動的に計算してくれるツールを使います。
キーワード出現頻度解析ツール
URLやファイルを指定するだけで、そのページのキーワード出現頻度を自動的に計算してくれます。

ありがたい話ですな…

キーワード出現頻度が高い方が検索エンジンは重要なキーワードと認識します、しかし、あんまり高すぎるとスパムになる可能性がありますので、キーワード出現頻度を適切な出現頻度に設定してください。

「キーワード出現率は5%が最適」、「5%を超えるとスパムになる」という一説がありますが、出現率のみの調整で上位表示を達成出来ることはまずありえないです。キーワード出現頻度は、何%が最適ということは無く、あまり重要視する必要がないという意見が多数を占めています。

スパムに関しても何%以上はペナルティという確定的な数値は明言されておらず、20%を超えていても上位表示されているサイトも多く見られますが、やはりキーワード出現頻度が高すぎると、検索エンジンには上位表示されても、ユーザから“乱れている”という評価を受けってしまう場合があります。

キーワード出現頻度が低すぎると、検索エンジンに他のキーワードのほうが重要であると認識されてしまいますので、、キーワード出現頻度が低すぎる場合には、調整した方が良いでしょう。

キーワード出現頻度を調整する時に、どういう基準で、何を参考した方がいいですか?

参考となるキーワード出現頻度は3つあります。

1.狙っているキーワードで上位に来ているサイトのキーワード出現頻度
2.被リンクが少なく上位に来ているサイトのキーワード出現頻度
3.比較的新しいドメインで上位に来ているサイトのキーワード出現頻度

2と3について、ちょっと説明します。

被リンクが少ないサイトと比較的新しいドメインの場合は、 外部SEO対策上に弱いので、検索結果の上位に来ているんだとしたら、“何かの原因”があります。その検索結果の上位に来ている原因をまずキーワード出現頻度から調べます。

但し、内部SEO対策と言うとキーワード出現頻度ばかりに注目する方がいますが、検索エンジンはキーワード出現頻度で順位を決めているわけではありませんので、上位に来ているサイトのキーワード出現頻度が7%だからといって、7%に合わせる必要はありません。あくまでも、キーワード出現頻度の分析とキーワード出現頻度解析とキーワード出現頻度の参考です。

それでは、キーワードの調整法について説明します。

まずはタイトルや見出しです。

文章中にキーワードを追加するよりは、タイトルタグや見だしタグでキーワードを使うほうが比較的簡単にキーワード出現頻度を高められます。

代名詞を使わない
というには、代名詞(こそあど言葉)などを使わずに、代名詞をキーワードに変えることによりよりキーワード出現頻度を高められます。

テンプレートで調整しない
これは以前の記事 SEO対策でサブページのキーワード設定 にも書きましたが、ナビゲーションや全ページ共通のテンプレート部分でキーワード出現頻度を高めてしまうと、全てのサブページでそのキーワードの出現頻度が上がってしまい、他のキーワードの影響力が薄くなってしまいます。

キーワード出現頻度は、最近、上位表示のために調整するというよりは、ペナルティを受けないために調整する傾向が強くなっています。

特にYahooでは出現頻度の他に突出度、近接度によってもTDP=トップページダウンペナルティを受ける可能性があり、キーワード量を調整するときには人間(ユーザ)が見て自然な量で抑えるべきです。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/109-a60140d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。