スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード突出度の最適化と調整の5ポイント 

キーワード突出度とは、検索エンジンが各要素において、前部に位置するキーワードを重要視するという指標のことです。と、よくこういう説明を見かけますが…

キーワード突出度を簡単に言うと、キーワードが突出すれば、重要だと検索エンジンが認識するってことです。

なぜかSEO対策とか検索エンジン最適化の分野になると、皆は難しい言葉で説明しようとしているんでしょうか

それでは、キーワード突出度の調整5ポイントを教えます。

1.body直下に見出し
body内の上部に見出しタグやpタグを記述することで、キーワード突出度が上がります。

2.見出しやpタグ
h1やh2などの見出しタグ内の前部pタグ内の文頭にキーワードを配置することで、キーワード突出度が上がります。さらに見出しやpタグを増やし、キーワードを含めることでも突出度が上げられます。但し、h1見出しタグは1ページにつき、一回のみ使用してください。

3.○○とは
文章を「○○とは~」と始める事により、段落の始めにキーワードを含めることができ、キーワード突出度を上げることが出来ます。例えば、この記事では“キーワード突出度とは”と始めています。
(とは言い、このブログはあんまりSEOを意識して作っていませんけど)

4.ファイルの外部化
CSSやJavaを外部化することにより、htmlソースきれいになり、無駄な記述が減ることによりキーワード突出度が上がります。ファイルの外部化の効果はこれだけではありません。htmlソースが軽量化されますから、SEO的にも有利です。

5.CSSでフロート
CSSで左右のフロート(回り込み)を使うことにより、キーワードが含まれるメインコンテンツをhtml内の上部に記述し、ナビゲーション部分などを下部に記述することが可能です。これは初心者ではあんまり理解できないと思うんですが、それを説明しようとしても、このブログで新しいカテゴリが出来てしまうほどの量ですので、今回、CSSでフロートについての詳しい説明はパスということで。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/110-6c934b4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。