スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード近接度の最適化と調整 

キーワード近接度とは、複数のキーワードの出現位置の近さのことです。検索エンジンはキーワードの出現位置が近ければ、複数のキーワードにお互い重要な指数に加えています。
分かりづらいですか?

もうちょっと簡単に説明しましょう。

「中古車を購入する時は様々なポイントで選び、例えば車検、車の年式なども含めて考えなければなりません。」

「中古車を購入する時に車検や車の年式などを含めて選びます。」

後者の場合は、「中古車と購入と車検」のキーワード近接度が高いと言えます。

まぁ、近けりゃ高いって話。

Googleではキーワード近接度について重要な指標であると明言しています。

Google はページ内での各キーワードの位置も重視します。
Google の結果は、ユーザーが指定したすべてのキーワードを含むだけではなく、そのページ内でそれらのキーワード間の近接度も分析します。 他の多くのサーチ エンジンとは異なり、Google ではキーワードの近接度に従って検索結果の順位付けを行います。


キーワード近接度の調整する方法ですが、タイトルタグや見だしタグはもちろんのことで、文章内でも上位表示を狙うキーワード同士をなるべく近づけるようにします。

但しね、近接度を上げたい為に、文章としておかしいなって思われるほどやらないほうが良いでしょう。

キーワード近接度を上げるために、スペースを入れ名詞を羅列してるサイトをよく見かけますが、SEO効果はないというより、スパム扱いされます。

キーワード近接度の調整はキーワード近接度を上げるだけではなく、キーワードの順番も考えなければなりません。

例えば、“北斗の拳”と“攻略”というキーワードを狙ってる場合は、

「健太郎ブログの無料パチスロ北斗の拳攻略情報」

より

「北斗の拳の攻略情報を掲載する健太郎の無料パチスロブログ」の方が望ましいんですが、

“無料”と“北斗の拳”と“情報”を狙っている場合は

「無料北斗の拳の情報を掲載する健太郎のパチスロ攻略ブログ」の方が望ましいです。

特に最近ヤフーではキーワードの順番によって検索順位が大幅に変りますので注意が必要です。




スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/111-b7065001

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。