スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード現金化買取屋の手口とは? 

現金化業者とは異なるのですが、参考までにこのような手口があることは頭に入れておいた方がよいでしょう。

買取屋と言っても、いわゆるリサイクルショップや質屋のことではなく、多重債務者を相手にした手口のことです。

金を借りに来た多重債務者にクレジットカードで買い物をさせ、その商品を定価の3~5割程の金額で買い取る。

クレジットカードのショッピング枠の何割かの現金を手にすることができるが、後で支払うことになるので、手元には借金だけが残る。

買取屋はそこから更に、その商品を転売して利益を得ることも。転売しやすいよう、カードで買わされる商品はブランド品が多い。


現金化業者の中には、この買取屋のような形態を取る業者もいます。その場合の流れは

1.利用者(カード所有者)は、現金化業者からカードで商品を買う
2.利用者は、送られてきた商品を一旦受け取り、すぐに返品する
(買い取ってもらうため)
3.現金化業者は、商品の返品を確認し、キャッシュバックを行う
4.利用者は、商品の購入代金をカード会社に支払う

こうなります。買取をしないパターンに比べ、一手順増えただけのように見えます。しかし、ここに大きな落とし穴が潜んでいる可能性があるのです。

例えば、

・90%のキャッシュバックを謳っている
・実際には「90%で商品を買い取る」仕組み

という業者がいたとします。

90%現金化できると書いてあったので、その業者からキャッシュバック(買取)目的で商品を買い、商品を返品しました。

その後、90%が現金で返ってくると思っていたら、振り込まれたのはたったの50%だけでした。

業者に問い合わせると「商品に傷が付いていたから50%だ」等、難癖を付けて払ってくれません。そのうち音信普通になってしまいました。

困ったと思いカード会社に苦情を伝えると、逆に換金目的で購入したことを追求され、支払いを迫られてしまいました。


このようなトラブルがあります。「残りは後で払う」、「文句を言うならこれ以上は支払えない」と言ってくる業者もいます。これは買取屋の手口に近いものです。

そもそも、クレジットカード会社の会員規約には、カード会社への支払いが完済するまでの間、その商品の所有権はカード会社にあると定められているものが大半ですから、カードの支払いが完了していないのにそれを売って換金することは「他人の物を勝手に売る」という行為となります。このような行為をしてしまうと、カード会社から即座に支払いを求められる可能性があるのです。(カード会社の会員規約による)

スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/15-075c0dfe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。