スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Google Adsense】AdSense狩り(アドセンス狩り)対策 

対応する方法いくつかはあるはず!?

アドセンス狩りで検索すると、被害にあった方々のブログが大量にヒットする。
被害者が多数いるなぁということを実感する。

アドセンス狩りとは?
Google AdSenseを利用して広告を貼り付けているサイトを訪れ、その広告を不正に複数回クリックすることでアカウントの停止を狙うもの。悪質な行為。
Googleによると、同一IPからの広告クリックを制限している上に、独自の優れたシステムで監視しているということなので、第3者の不正行為によりアカウントが停止になることは回避できる模様。
ライバルサイトのアカウント停止を狙って広告を複数回クリックするような悪質な行為は、逆に自分のアカウントが停止になるかもしれない。それだけでなく
訴訟問題にまで発展することもある。
もしも異常なクリックカウントを確認した際にはすぐさまGoogleに報告メールを送ると良い。細かなサイトのアクセスログをとっている場合には、そちらにも
注意して異常があったのなら併せて提供すると良い。しかしながら、アカウントを停止するか否かの決定権はすべてGoogleにあるということ。


Googleアドセンスをやっている人は、
アドセンス狩りに戦々恐々としている。
私もその一人。
正直利用停止宣告されれば、
少ない収入とはいえショックは大きい。


いつまで経っても被害が無くならないのは、
ひとえにGoogleの怠慢である。
システムをサクッと調整すれば、
過剰クリック・不正クリックを検知するのはそれほど難しいものではないはず。

だからといって、
腰が重いGoogleの対策を待っていても仕方がない。
アドセンス狩り対策を自前でやらなければならない。


では有効な対策はあるのか?
実は対策手段は一つしかない。
それは



通告される前に通報


現実そうである。
自身のGoogle管理ページとアクセス解析ツールを使って、
通告が来る前に先手を打つ。

ブログなどである程度収入を得ている人は、
アクセス解析はかなり頻繁に見ると思う。
また、アドセンスで収入を得ている人は、
アドセンスの管理ページは一日一回は見るだろう。
そこで、疑わしいクリックするがあった場合は、
即座に通報する。




さて、見方を変えて対策をすることも出来る。
それは


Googleからマークされていることを検知する



GoogleからマークされるとGoogleの足跡が大量に付く。
(この場合の”あしあと”というのはリファラーのこと)
どうやら、どういったページなのかというのを調査に来ているようなのだが、
短期集中で大量に足跡が残る。


こういった感じのもの。

http://www.google.com/url?sa=D&q=[あなたのページアドレス]

アドセンス狩りを検知するのは難しいが、
Googleの調査を検知するのは難しくないので、
これを検知してメールでも飛ばす仕組みでもしておけば、
後手に回らずに済む。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/71-b88dda51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。