スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドセンスのアカウントを取得する その一 

アドセンスのアカウントの取得が難しいという話をよく聞きますが、何点かのポイントを抑えておけば、特別なことをおこなわなくても取得はできます。

今回は、ポイントとなる点をまとめてみます。


1.オリジナルな内容であること。

これは大変重要なことです。どこかのサイトやブログのコピペや引用が多ければまずダメです。
審査は、プログラムを使い機械的に行っております。
人間の目だけで審査するのであればわからないかもしれませんが、申請しようとするブログやサイトのコンテンツに既存のブログやサイトのコンテンツがあれば膨大なデーターベースから照合しすぐにわかってしまいます。

多くのアドセンス取得ガイドで日記を勧めています。日記ならオリジナルになるからです。
ですが、日記でないと通らないということは全くありません。趣味のことでも仕事のことでも問題ありません。
オリジナルのコンテンツであればよいということです。

但し、公序良俗に反するような内容(アダルト、暴力、麻薬等)はダメです。
おそらく、キーワードとなるワードのデータベースから照合していると思われますので、全く関係ないような内容のコンテンツであっても、こういったものと誤解されるようなワードを使うことは避けます。

2.更新頻度、コンテンツ量

審査では、対象のブログやサイトがきっちり更新され、今後も更新されていくものであるのか? コンテンツ量は豊富で、そのブログやサイトを閲覧する方にとって有意義なものであるのか?という事をみます。

これも多くのアドセンス取得ガイドでは400~500文字のコンテンツを10程度と表現されています。
この程度あればこのサイトやブログがきっちり運営されているものであるという事がわかるからです。

更新頻度ですが、毎日でもいいですし、3日に1回位でも問題ありません。あまりに頻度が少ないとダメです。

3.ブログやサイト運営者に連絡が取れる事

閲覧者が問い合わせが出来るようにしておきます。運営者が誰で(ハンドルネームで大丈夫です)、問い合わせしたいときに連絡を取れる手段があるか(メールアドレスの記載)。

大きくはこの3つです。あとはブログ作成、サイト作成時のテクニックの問題です。これは次回紹介することにしますが、次のことを念頭においてブログやサイトを作成すれば大丈夫です。

それは、広告主が広告を掲載してもいいよって思うようなブログやサイトであることです。

ご存知のように、アドセンスの収益はgoogleが支払ってくれるのではありません。アドワーズ広告を出稿している広告主が支払ってくれるものです。

当然googleはアドワーズ広告の広告主の味方であり代理人みたいなものです。

あなたが広告主の立場で、広告を掲載してもいいと思うようなものにすればいいのです。

全然更新されていないブログやサイトに投資(広告を掲載)しますか?

どこかで見たことがあるようなブログやサイトに投資しますか?

何の内容もないブログやサイトに投資しますか?

アダルトサイトや危ないことばかり書いたブログやサイトに投資しますか?(あなたがアダルトグッズの制作会社なら別ですが)

どこの誰が運営しているのかもわからないようなブログやサイトに投資しますか?

このように考えれば自ずとどのようにすればいいのかがわかってくるでしょう。

次回は、ブログ作成時の注意点に関して紹介いたします。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cimank.blog73.fc2.com/tb.php/95-ae73e71a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。